My Favorites

本以外の好きなもの、色々紹介します。

2009-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年メリケンサック

meriken.jpg

メイプルレコードの新人発掘部に勤務する、契約切れ目前のOL・かんな。
何の成果も出せずに、ひたすら社長の時田と
ヤケ酒をあびる日々を過ごしてきたこの2年間…。」
そんなかんなに千載一遇のチャンスが舞い込む。
ある動画サイトで、これ以上ない野蛮で、凶暴なパンクバンド
<少年メリケンサック>を発見したのだ! 
契約延長との引換えに、彼らの全国ツアー敢行を命じられたかんな。
半裸にモヒカン、眉なしパンチ、
協調性ゼロのメンバーたちを引き連れ、
果たしてかんなは無事にツアーを乗り切ることができるのか!?

クドカン脚本監督の新作映画。
映画館で映画を見たのは・・・・
何年ぶりだろう?
かなりぶりのような気がする。
それでも見たいと思わせたのは
クドカンの脚本監督というのもあるけれど、
主演の宮崎あおいを見たかったからだろう。
『篤姫』撮休中に撮ったこの映画。
『篤姫』とはまったく違ったテンションでの演技は
「さすが」の一言でした。

宮崎あおいももちろん、
その他のキャストも素晴らしいの一言。
50歳を迎えたリーダーあきお役の佐藤浩市も
その弟はるお役のキム兄も
ドラマーヤング役の三宅弘城
ヴォーカル、ジミー役の田口トモロヲも
それぞれの役を楽しんでやっているのが見えて良かった。
そしてかんなの恋人マー君役の勝池涼のへたれっぷりも見事。
スクリーンを見ながら爆笑でした。

クドカンの監督作としては『真夜中の野次さん喜多さん』以来ですが、
あれも相当くだらなかったんだけど、
こちらも一見くだらなさが蔓延してます。
しかし、その中にやっぱり中年魂の熱さなんかを
ちょこっとだけ感じられて
まぁそれはそれで、いや、かなりぐっと来ましたね。

ところどころに遊びもあって
本当に面白い映画でした。

しかし、田辺誠一や哀川翔の贅沢な使いっぷりが
なかなかでした。

でも、パンクについてはイマイチわからずじまいでしたけどね。

TBさせていただいたブログ
It's a Wonerful Life
いつか どこかで
 
スポンサーサイト

多分犯人は父

hanninchichi_s.jpg

ゴジゲンという劇団の最新作。
東京公演最終日最終公演を見てきました。

正直最初は「これやばいかも。面白くないかも」と
この公演を選んだのを一瞬後悔しました。

が、徐々に進んでいくうちに面白くなっていくんだな、これが。

物語は・・・
足に障害のある『広末君を救う会』を舞台に
広末君の足の手術のために集めた募金総額1千万円が
盗まれてしまった。
一体犯人は?
その場にいるすべての人間が怪しいと思われる中、
犯人は意外な人物で・・・。

ミステリーとコメディを融合させたなかなか面白い舞台でした。
結局犯人は・・・
ちゃんと伏線も張ってあったので
なるほどそういう理由かい!と、まぁ、納得できる犯人と
理由でした。

ただ、このメインであるはずの父親よりも
その他のキャラの立ち具合が大きくて
父親がかすんでしまったのが難点と言えば難でした。
おそらくは
父親役とその他のキャラの役者さんの年齢がそう違わないのが
原因だと思うんですけど、
そこが惜しかったなぁ。

でも、なかなか面白い舞台でした。
GWには新作もあるらしいので
そちらも見に行こうかな。

太鼓の達人 wii

taiko.jpg

PS2版も持っていないのに、
つい買ってしまった一品。

しかし、ただ太鼓を叩くだけなのに、楽しい!
フルコンボさせるためにただひたすら太鼓を叩きまくる。
かなりストレス発散にもいいかも。

太鼓とバチ、ソフト込みで8000円弱。
これで暇な時間をつぶせるんなら安い買い物だ。

まぁ、よくない点もいくつか。
バチの当たりがちょっとでも狂うと
全然反応してくれないときがある。
そこにストレスが溜まる。
それさえなければ、まぁ、いいんだけど。

あとゲームから流れてくる太鼓の音より
自分の叩く太鼓の音の方がでかくて
色んなサウンドがあるのに
あまり聞こえないのが残念。
で、叩きすぎると、ご近所迷惑になるので
とりあえず昼間しか出来ないかな。

でも、楽しいです。これは。

ジャック・ポット   ~ベット・ミドラー~

jackpot.jpg

邦楽・洋楽問わず、一番好きなアーティストといったら
やはり、このベット・ミドラーをおいて他にいません。
一度は生で歌ってるところを見たいんですけど、
なかなか日本には来てくれません。
ライブビデオは出てんだけどね。

で、このアルバム。

以前出たベストアルバムと曲の重なりがあるのが
もったいない気もしますが、
ベットのベストといえば入れざるを得ない名曲ばかりですから
それもしょうがないと言えばしょうがないですね。
ただ未発表曲も入っているし、
もう1枚買っても損はないでしょう。
あと、映画『ステラ』の主題歌やその他映画の主題歌なんかも
入っているとさらにベストな選曲になっていたのに、
それが一つだけ残念です。

『愛は翼にのって』や『ディスタンス』などの
名曲をぜひ聴いてみてください。

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カテゴリ

雑記 (1)
音楽 (5)
中森明菜 (1)
秦基博 (1)
ベット・ミドラー (1)
映画 (3)
邦画 (3)
洋画 (0)
韓国映画 (0)
舞台 (10)
お笑い (1)
ゲーム (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。